FAQ

前見建築計画一級建築士事務所では、いくつか代表的な疑問&ご質問をFAQとしてまとめております。ご参考ください。

英語のデザイン「design」、あるいはデッサン「dessin」の語源である、ラテン語の「designare」は具体的な問題や課題を解決するための思考・概念の組み立てを行い、様々な媒体に応じて表現することです。ゆえに「計画を記号に表す」という意味で用いられてきました。「意思を表す」と訳しても良いでしょう。

建築においては計画、意匠、構造、設備、環境のように分業体制が多いですが、それを統合していくことが建築「Architecture」と解釈されます。「図案」のような表面を飾り立てて美しく見せるだけの装飾「デコレーション」をデザインと受け止める社会風潮もまだあり、乱用もありますが、むしろ現代は「設計」や「計画」がもたらす「美術性」を自覚する人のほうが多いと思います。審美的な要素を含む計画的行為の全般を指すものがデザインです。

前見建築計画は計画と付いている設計事務所ですが、ゴールは常にこの美術的発現を念頭にした計画を行い、そして設計する事務所となります。

A. 確かに、いまだにそのようなイメージはまとわりついています。設計事務所も様々な主義主張、ブランド戦略を取っていますし、迷った挙げ句、記号としてわかりやすいハウスメーカーを選ぶというお客様も多いと思います。しかし、商品至上主義を通すあまり、柔軟性に欠け、お客様の気持を汲めない企業もあるかもしれません。個人法人問わず近年の設計事務所はそのような反省からフランクなところも増えています。逆に客観視してみますと、マンションやハウスメーカー、その展示場の対応こそ敷居の高さで気疲れしてしまいます。リラックスした気分でお話を伺いながらイメージをかたちづくる。いいデザインを生み出す基本だと思うので、それが一番いいです。
お気軽にお問い合わせください。

もちろん、できます。その地域の風景となれるような建築を生み出せるよう頑張ります。
ただし、東京都23区・多摩地域を除く遠方の場合は、出張交通費を別途いただきます。

あります。敷居が高いというのとは全く異なり、私どもは設計倫理に基づき「計画」「設計」をする事務所なので、まず、分かりやすいたとえとして「5W1H」を整理いただいた上で、お伝えいただければと思います。
「When:いつ」「Where:どこで」「Who:だれが」「What:何を」「Why:なぜ」「How:どのように」

When:竣工希望時期はいつか
Where:建設場所はどこか
Who:施主と関係者はだれか
What:目的用途はなにか
Why:要望や大切にしている習慣や物事の理由
How:建築や空間をどう使うか

と整理できると思います。
その上で、ある程度任せておいたほうが設計者の想像力は発揮されやすく、予想以上の建築になることが多いです。例えば竣工物件の「大郷の曲り家」のお施主様は「地元の木材を、この木を使って欲しい」とだけ言われて、竣工後に「大きな仕事をしてくれてありがとう、細々としたことは心配しなくていいよ」と言ってくださいました。このお施主様は過去2回ご自宅の建設の経験があるので、采配の仕方をよく知っておられました。建築家に依頼するということは、「創造性を存分に発揮してくれ」ということなのです。

設計プロセスは「長旅」のようなものです。ガチガチの計画を立ててそのとおりにしか移動できないガイド付きツアー(要望が厳格厳密で設計者が関与する余地のないたとえ)というより、おおらかな方針は決めても、現地の思いがけない発見に感動したり、移動先を少し遠回りしてみたり、場所そのものをいろいろな方向から味わうような行為に似ています。旅をしながら悩んだり立ち止まったり考え込んだ時に一緒に考え、的確な取捨選択をしてくださるとものすごく助かります。その連続がやがて複雑怪奇なパズルを紐解き、美しい旅となり風景となります。

A. お気軽に、<Contact>の入力フォームからご連絡ください。

土地や賃貸物件契約が決まり、建築の中身を検討し始める時期のご相談が多いです。お引越しやオープン時期が明確でその一年前くらいを目安にご相談ください。それより短いと、短納期、短工期となり、ご希望予定時期にお引渡しできなくなる恐れがあります。

また、土地探しの段階や、長期計画で数年後に完成していれば大丈夫という余裕を持った段階に、どんな法律や条例が絡むのか、どんなヴォリュームが建つのかといった企画・調査業務を行うことができます。それを「ファーストプラン」と呼びます。
詳しくはメニューの<About>→Work Flowをお読みください。

いろいろ調べてはみたけど聞いてみたい、と思ったときがベストタイミングです。

A. 電話やコンタクトフォームを利用した相談時は、所在地や用途、住宅であれば家族構成、車の保有台数や必要床面積、ご融資の進捗状況などを、上段の「設計事務所への上手な依頼の仕方はありますか?」もご参考に簡潔にお伝えください。その上で漠然としたイメージでも結構ですので、この土地で実現したい熱い想いをお聞かせください。

ご面談に至った場合には、土地の資料(公図、地積測量図、購入前なら不動産屋から提供されている土地案内の資料など)、参考にされているイメージがあればその資料をご用意ください。ざっくばらんにお話しましょう。

A. 初回相談は無料です。では、2回めの相談から発生するかというとそうでもなく、臨機応援に対応しています。ただし、何度も相談が必要になる見込みであれば、お会いして伺うことをお勧めしています。1~2回のご相談で大まかな内容が確認できて、では一度会ってみましょうとなれば、直接詳しいお話をお伺いに上がります。その際の費用は原則、都内は無料です。遠方の場合は出張交通費を別途いただきます。

費用が発生するのは、あくまでファーストプランや設計・工事監理の「ご契約に至った場合から」です。ファーストプラン等の契約に至る前のごくごくラフなスケッチ程度でしたら無料の範囲でご相談に乗らさせていただきますが、契約前に図面で提案してほしいというご希望にはそえませんのでご理解ください。理由は、図面というのは「重要情報」であり、それなりに時間を費やし労務を伴う大切な成果物に他ならないからで、それが無料であってはならないからです。無料でプランを描いてもらうというのは、人をタダ働きさせたと同じで、決して他人に自慢できることではありませんよね。

当事務所はあくまで契約主義ですので、「サービスで提供できる一般的な情報」と「対価を受けなければ提供できない情報」の区別をきちんとしております。逆に、その区別が曖昧で、簡単に「プラン出しますよ」と値段も出さず言ってくる設計事務所で良い事務所は私は知りません。海外も契約主義なので、契約前にプランニングはしませんし、無料で提案することもしません。

A. 建築の規模や用途によって変わります。考え方がわかるページをご用意しています。メニューから<About>→<Service>の「設計料について」をご一読ください。

一般論として、ハウスメーカーや工務店に頼む場合はインハウスの建築士が設計するので総工費に設計料が含まれ、時にはコストが不透明なまま進むケースもあります。取引先が固定されてる場合も多く、仕様の変更に柔軟性が欠けることもあります。フルオーダーの分離発注の場合、設計は設計事務所が、施工は施工会社が行いますので、業務の透明性が確保でき、仕様についての柔軟性が担保されます。

ご予算の考え方として、ここでは土地代は除きますが、まず建物本体の工事費があり、その消費税があります。その他に我々の設計・工事監理費用、建築確認等申請の事務手数料、カーテンや家具などの附帯費用や諸経費が別途かかるということを念頭に置いてください。それら総費用を元に坪単価を弾いて予算計画してしまうと、建築本体に十分予算が充てられず、ご要望が頓挫するリスクが上がります。また、工事中に追加や設計変更したいなどもあり、当初予算より1割くらい増額する傾向もあります。資金計画はこの余剰分も想定されておくとよいと思います。つまり、ご相談・ご依頼の時点で私どもに伝えるべき予算とは、融資総額の9割程度以下の「資金に余力を持たせた上での金額」のことを指します。
ファーストプランでは、あくまで参考ですが上記総費用の想定額として概算見積書「フィナンシャルプラン」をご提示しています。資金計画のご参考にしてください。

A. 不動産仲介はしておりませんので、お客様にて購入の目星をつけられた上でご相談ください。購入予定地または購入済み土地の視察は可能です(候補地がいくつかある場合含む)。視察の際にある程度周辺状況や接道状況、境界杭、隣地塀、電柱、騒音、重要事項との照合など、目視確認とアドバイスが可能です。

A. もちろん可能です。住宅に限らず広く対応しております。お気軽にご相談ください。

ただし、短納期、短工期となり得る店舗内装などは、設計・工事監理報酬、施工費用ともに割高になります。理由は、短い時間で完成に漕ぎ着けなければならないため、人員や労務時間を集中的に増やすためです。居抜きで借りた場合でフルリニューアルしたい場合は、建替えと同じように、解体費用とその時間も見込まなければなりませんので、お気をつけください。

もちろんです。家具、カーテン、照明、ドアノブ、ポスト、目に見えるあらゆるモノが対象です。

建物と自然環境のバランスを考え、トータルで設計検討をします。ガーデニングやテラスでの団らんなどイメージを膨らませて、建物と自然との関わりを楽しく快適なものに目指して取り組みます。もし、造園工事のお知り合いなどおられるようでしたら、コラボレーションしながら検討も可能です。お気軽にお申し付けください。

家具についても、空間の一部なのでできればキッチンや収納から椅子、犬小屋までトータルで関わらせていただけるのが良いです。どうしても、好きすぎるメーカーの既製品を入れたい場合もあると思いますので、「これだけは譲れない要望」としてお伝えください。その際も、建築にマッチする製品の良し悪しは一緒に検討可能ですので遠慮なくご要望ください。